建物解体 埼玉・東京・千葉・茨城 有限会社ダイコク総業

有限会社ダイコク総業

電話番号048-282-3651 受付時間10:00〜18:00

1 お見積もり

お問い合わせ頂いてから現場調査させて頂きます。
現場調査は、建物の坪数、外溝の有無、敷地・前面道路の状況(道路幅・通行量)等の調査です。
お見積もりは手壊し・機械壊し・使用するダンプカー(2t車・4t車)により算出致します。
不要になった家財処理など、解体前の費用節約のご案内も致します。

2 届出・ご契約の説明

建物の総床面積が80㎡以上の場合、役所へ建設リサイクル届の届出が必要になります。
更に、RC造建物の場合は特定建設作業実施届(振動・騒音)の届出が必要になります。
ダンプを敷地内に入れられない時は、道路使用許可申請(警察署)が必要になります。
都内では区により”解体工事の事前周知”の実施および解体工事の概要を記載した”標識を設置”が必要となりました。
以上の届出の説明と工事手順について説明致します。書類作成から提出まで、弊社が責任を持って行います。
工事請負契約書作成し、本書をお客様がコピーを弊社がそれぞれ保管します。

3 近隣の皆様へ解体工事実施のご挨拶

弊社スタッフが工事着工前に工事案内文と粗品を持って、近隣の皆様に御挨拶致します。また、夜勤の方・病気療養中の方・精密機器を扱う仕事をお持ちの方がいらっしゃる場合は、現場スタッフに注意事項として指示致します。 解体後、気持ちよくお引し渡するために【無事故】【ノートラブル】をモットーとする、ダイコク総業は、解体工事前の細かな確認も見逃しません。これまでに培われた解体工事にまつわる心配りを大切に致します。

4 解体工事指示

  • 工事内容と注意事項を指示書にまとめ現場責任者に説明
  • 建設マニフェスト(解体廃材処分を適正に処理したこと証明する書類:7枚複写)用意
  • 現場までの地図・写真用意
  • 現場管理シート用意(常に無理・むら・無駄の無い工事できるよう管理する)

現場一筋(有)ダイコク総業代表の富樫です。 長年の豊富な経験を活かした 適材適所の配置・人材・重機を手配する事により より安全・より効率アップ・より安くを実現します。

5 解体工事着工

初日

弊社スタッフが工事着工前に工事案内文と粗品を持って、近隣の皆様に御挨拶致します。また、夜勤の方・病気療養中の方・精密機器を扱う仕事をお持ちの方がいらっしゃる場合は、現場スタッフに注意事項として指示致します。
解体後、気持ちよくお引し渡するために【無事故】【ノートラブル】をモットーとする、ダイコク総業は、解体工事前の細かな確認も見逃しません。これまでに培われた解体工事にまつわる心配りを大切に致します。

  • 工事看板の設置(建設リサイクル届出が必要な場合は届出済シール添付)
  • 建物の養生(ほこり・解体くずの飛散防止)
  • 瓦・畳・石膏ボード・立木等の撤去
  • 電気メーター撤去・都市ガスメーターの地境撤去の立会

2日目以降

  • 手壊し
  • 機械壊し併用にて解体(散水をし、ほこり飛散防止する)
  • 現場に廃材を貯めること無く搬出をします。
  • 基礎の下に障害物(よくあるのは前の建物の解体くず・コンクリートがら)の有無の試掘(20~30㎝位)をします。
  • 敷地を整地
  • 建設マニフェストを取りまとめる
  • 建物取壊し証明書発行(取壊し証明書・会社印鑑証明・代表者事項証明書)
ガードマン

ガードマンは解体に欠かせないスタッフです。歩行者・近隣の皆様の安全確保!

工事の様子

シート養生完了

シート養生完了

瓦下ろし作業中

瓦下ろし作業中

現場内で廃材の分別仕分けします。手前が木くず、奥が金属くずです。

現場内で廃材の分別仕分けします。 手前が木くず、奥が金属くずです。

施工前の現場

施工前の現場

施工後、再生砕石を敷き駐車場に変身!

施工後、再生砕石を敷き駐車場に変身!